ホーム >>羽毛リフォーム >>リフォーム価格表 >>リフォーム事例 >>側生地交換の事例

西川の高級羽毛布団が、マンションでは暑くて汗をかくから使えない!!薄いふとんにリフォームしたい!!
シングル冬用(1.2kg)を春秋用(0.8kg)と夏用(0.3kg)の薄い羽毛布団に作り直した事例!!


お電話でのご相談から始まりました
「もしもし、ネット見てお電話させていただのですが・・。以前購入した羽毛布団が汗をかくほど暑くて使いにくいのでリフォームできるか相談したくて・・・」お話を伺うと
デパートで西川の羽毛布団PREMIUMを購入。汗をかくほど暖かすぎたので、ほとんど使わずに押し入れにしまいっぱなしだったので薄い羽毛ふとんに作り直してほしいとのご要望です。 お住まいはマンションで寝室は冬でも寒くはないとのことです。

お客さまのご要望は2つでした
1つめは、布団を薄くしてほしい。具体的には1.2kgの羽毛を800gの春秋用くらいにしてほしい
2つめは、余った羽毛で300gの夏用も作ってほしいというご要望でした。


さっそく送っていただいた羽毛布団を確認していきます。
※当店の近くにお住まいの方ではなかったため無料集荷ができないことをお伝えし、羽毛布団を当店まで送っていただきました。お住まいの地域によっては当店のスタッフがご自宅まで無料で引取りにお伺いいたします。(兵庫県西宮市・尼崎市・伊丹市・宝塚市・大阪府豊中市・西淀川区・東淀川区・中央区などの地域は引取り可)

東京西川プレミアム
写真1、お送りいただいたお客さまの羽毛布団
東京西川プレミアム
写真2、カバーに付着しているホコリが羽毛布団の縫い目の溝に入り込んでいました
東京西川プレミアム
写真3、カバーに付着しているホコリが羽毛布団の縫い目の溝に入り込んでいました
あったかカバーや、ポリエステルなどの混ざったカバーを使うとこのようになりやすいです。
東京西川プレミアム
写真4、シーアイランドコットン(海島綿)を使っているというタッグ
東京西川プレミアム
写真5、西川プレミアムのタッグ
東京西川プレミアム
写真6、品質表示のタッグ
ダウン率93%、1.2kg
メーカーページ参照するとポーランド産マザーグースダウンと記載がありました。
東京西川プレミアム
写真7、4つに折りたたんだ写真
東京西川プレミアム
写真8、広げた写真1
東京西川プレミアム
写真9、広げた写真2
映像
中身の品質チェックの為、羽毛を取り出した動画です
ふわふわ、ゆっくりと落下しています。
羽毛は傷んでいないので、洗浄やホコリを取り除く除塵は必要ありません。
作業工程としては、側生地交換のみでよさそうです。
傷みの状態に合わせた作業工程を心がけていますので、お預かりする羽毛ふとんごとにリフォーム金額は異なります。
東京西川プレミアム
写真10、取り出した羽毛
東京西川プレミアム
写真11、取り出した羽毛を上から撮影
東京西川プレミアム
写真12、お客さまの羽毛と当店の羽毛ランクSSを比較した写真
お預かりした羽毛は、ご覧のとおり園田の羽毛ランクSSに品質が似ていました。

SSランク羽毛を使って合い掛を作る場合
暑がりの方0.6~0.7kg
普通の方は0.8~0.9kg
寒がりの方1.0kg
という提案になります。
東京西川プレミアム
写真13、羽毛ランクSS 0.8kgと1.2kgの比較
写真左)羽毛ランクSSで0.8kg
写真右)羽毛ランクSSで1.2kg(お客様の羽毛)
お客さまのご要望
1、使うと暑く感じたので、羽毛量を減らし薄くする
2、1枚は800gの春秋用(合い掛け布団)にしてほしい、余った羽毛で薄い夏用(肌掛け布団)を作ってほしい

お客様に満足していただくため、お伝えした重要なポイント
お預かりした羽毛布団の最大の特徴は側生地にありました。
お預かり羽毛はシーアイランドコットンを使った非常に柔らかな側生地です。 この側生地を使うことのメリットは、
・布団に入ってから暖かくなるまでの時間が早い
・フィット感が良く首元に隙間ができにくいので寒さを感じにくいというメリットがあります。
リフォーム時に生地のレベルを落とすとそれらのメリットが失われてしまいます。
したがいまして、生地のレベルは同等を保つことをお勧めしました

ご提案「800g春秋用(合い掛け布団)」
当店ではシーアイランドコットンと同レベルの側生地が2種類あり
それぞれでお見積り金額をお出ししました
コース1、側生地ランクSS(99g/㎡)を使った場合
解体費:3,500円
側生地:45,000円
仕立て:3,500円
合計52,000円+税

コース2、側生地ランクSSS(97g/㎡)を使った場合
解体費:3,500円
側生地:63,000円
仕立て:3,500円
合計70,000円+税


側生地ランクSSとSSSの違い
コース2の側生地ランクSSSは、横糸に超細番手の糸を使うことで、側生地ランクSSよりもさらに柔かさを追求した生地となりまで、熱の伝わりが早く布団に入ってから暖かくなるまでの時間が短縮されます

ご提案「300g夏用(肌掛け布団)」
夏涼しく使うための特別な側生地が2種類あります
それぞれの見積もりです
コース3、側生地ランクAを使った場合
解体費:0円
側生地:26,000円
仕立て:3,500円
合計29,500円+税

コース4、側生地ランクAAを使った場合
解体費:0円
側生地:32,000円
仕立て:3,500円
合計35,500円+税


側生地ランクAとAAの違い
暑さをしのぐためわざと、肌に沿わないようにして空気の流れを作ることで、暑い夜に涼しく使う工夫をした側生地です。 A・AAともに綿100%素材です。AAは軽さを追求した側生地です。

マンションにお住いのS様は、コース2で0.8kgの春秋用と、コース4で0.3kgの夏用のご注文を頂きました。
  • リフォーム前
    お客様の羽毛布団画像

    お客様の羽毛布団画像

  • リフォーム後
    お客様の羽毛布団画像

    お客様の羽毛布団画像


ご注文内容
詰め替えコース
お預かり羽毛1.2kg1枚を0.8kgと0.3kgの2枚に作り直す

リフォーム費用
解体費:3,500円×1
側生地:63,000円×1
側生地:32,000円×1
仕立て:3,500円×2

掛布団カバー
ソフトコットン:5,200円×2
ソフトコットンご案内ページ

合計115,900円(税込み127,490円)



お預かりした羽毛布団の状態に応じて適切なお手入れの方法をお伝えするために、リフォーム作業前に羽毛診断を実施しています。羽毛布団リフォームのご依頼・お問い合わせ・ご相談は「お電話」にてお受けしております。
お問い合わせ番号06-6493-0453


羽毛リフォームトップページへ

ホーム >>羽毛リフォーム >>リフォーム価格表 >>リフォーム事例 >>羽毛ふとん完全洗浄コース事例