ホーム>>商品一覧>>掛ふとん>>グレード羽毛掛ふとん>>アイダーダックダウン

アイダーダックダウンの交流会アイスランド大使館 アイダーダックダウン羽毛掛ふとん

アイダーダックダウン95%羽毛掛ふとんの詳細情報


羽毛原料
アイダーダックダウン95%
アイスランド産コモンアイダー
羽毛の大きさ
25mm
側生地
絹100%
製造国
日本

【詳しい説明:アイダーダックダウン95%羽毛掛ふとん】

  • アイダーダウンサイズ見本

    羽毛の品質

    アイダーダックダウン95%
    フェザー5%(少量の枯葉が含まれることがあります)
    1粒のダウンサイズは25ミリ
    抱卵時期に自然に抜け落ちる熟成した羽毛なのでダウンサイズにばらつきがありません。 アイダーダックダウンはパーマを掛けたように毛先が縮れています。この縮れた細い毛が密集しているので立体感が生まれ極めて高い保温性があるのです。
  • アイダーダウン羽毛掛ふとん

    アイダーダウン使用時の評価

    布団の快適さ:10★★★★★★★★★★
    生地の柔かさ:10★★★★★★★★★★
    羽毛の耐久性:10★★★★★★★★★★
    アイダーを掛けたときにまず感じるのは柔らかさと肌沿いの良さです。しばらくするとポカポカとした人肌に似た温もりを感じます、次に掛けていることを感じさせない軽さに感動します。いつまでも布団から出たくないと思わせる不思議な魅力もあります。
    アイダーダウン羽毛掛ふとんは嵩低いことも特徴で扱いがとても楽なのです。
    ※評価は主観的なものです
  • アイスランド直輸入アイダーダウン

    薄くて扱いやすいボリューム

    最高級のマザーグースを使用した羽毛掛ふとんはかなりボリュームが出てしまい扱いにくく感じることもありますが、アイダーダックダウンを使用した羽毛掛布団は落ち着いたボリュームに仕上がりとても扱いやすいです。
  • アイダー羽毛全体写真

    例えば、都内マンションにお住いの場合

    SLサイズで700~800g
    SDLサイズ800~900g
    DLサイズ900~1,000g
    QLサイズ1,000~1,100g
    KLサイズ1,100~1,200g
    冬掛タイプよりもやや薄いタイプ(1平米当たり250g程度のボリューム)が冬でも最適です。

品質表示
愛称:アイダーダックダウン掛ふとん
詰め物:アイダーダックダウン
ダウン率:ダウン95%フェザー5%
側生地:シルク100%
製造国:日本
仕様:8箇所ループ付き

価格表(税別)【シングルサイズ】150×210cm

肌掛ふとん
40万円(ダウン300g)
掛ふとん
80万円(ダウン700g)
冬掛ふとん
130万円(ダウン1200g)

価格表(税別)【セミダブルサイズ】170×210cm

肌掛ふとん
52万5,000円(ダウン400g)
掛ふとん
92万5,000円(ダウン800g)

価格表(税別)【ダブルサイズ】190×210cm

肌掛ふとん
54万円(ダウン400g)
掛ふとん
104万円(ダウン900g)

価格表(税別)【クイーンサイズ】210×210cm

肌掛ふとん
66万8,000円(ダウン500g)
掛ふとん
116万8,000円(ダウン1000g)

価格表(税別)【キングサイズ】230×210cm

肌掛ふとん
69万6,000円(ダウン500g)
掛ふとん
129万6,000円(ダウン1100g)

オーダー可、ご注文後に1枚ずつお仕立てしますので納期2~3週間程度かかります。側生地は無地(無地の場合リヨセル52%綿48%になります)もお選びいただけます。

アイダーダウン見本
アイダーダウン見本

アイダー羽毛掛ふとん
アイダーは嵩張りません

側生地見本
通気性がよくアイダーを傷めない生地

アイダーダックダウンとは

  • アイダーダックの生息地

    アイダーダックとは

    アイスランドに生息するアイダーダック(毛綿鴨・ケワタガモ)はコモンアイダー(本毛綿鴨・ホンケワタガモ)と呼ばれ北半球で最大のカモです。アイダーダックは北極から渡ってアイスランドに定着しました。アイダーダックは生息地ごとに7種に分類されます。
    例えばカナダに生息するアイダーダックはスペクタルアイダーと呼ばれ、ノルウェーに生息するものはキングアイダーと呼ばれます。中でも最も有名なのがアイスランドに生息するコモンアイダーです。私たちが扱うアイダーダックはこのコモンアイダーの羽毛を使用しております。
    アイダーダックダウンとはアイダーダック=(毛綿鴨)・ダウン=(羽毛)のことで本毛綿鴨の羽毛のことです。
    コモンアイダーのコモンは(本来の・普通の)という意味があり本毛綿鴨の本を指します
  • アイスランド地図

    北極からアイスランドに定着したカモです

    アイスランドは北緯63度から66度に位置し、国土の一部は北極圏にかかっています。しかし冬の寒さはそれほど厳しくなく同じ緯度のフィンランドでは2月の平均気温が氷点下20度なのに対しアイスランドは氷点下3度くらいだそうです。
  • アイスランド航空写真

    飛行機からの写真

    アイダーダックが生息する島のひとつ。アイスランドの海岸沿いにアイダーダックは生息しています。
    全世界の8割のアイダーダックがアイスランドに生息しています。
  • アイダーのつがい

    アイダーダックダウンは唯一天然の羽毛

    一般的な羽毛ふとんには食肉用に飼育されたアヒルやガチョウの羽毛が使われます。食べ物も飼料を使いガバージュ(わざと太らす)させたいわば養殖です。
    アイダーは天然の野鳥です。シシャモなどの栄養豊富な魚を食べ氷点下という過酷な環境で生存競争を勝ち抜いてきたアイダーの羽毛は飼育された羽毛とは比較にならないほどの優れたパワーを持っています。

アイダーダックダウン収穫までの過程

  • アイダーダックのメス

    アイダーダックのメス

    アイダーダック羽毛掛ふとんに使用される羽毛は全てメスのダウンです。4月、産卵の準備に入るメスの体に変化が現れます。
    腹や胸部から羽やダウンが抜け落ちて抱卵パッチが形成され(皮膚がむき出しになる状態)親鳥から卵に熱が伝わるようになります。
    親鳥は抜け落ちた羽やダウンを敷き詰めて巣作りをします。
  • アイダーの巣

    羽毛で巣作りをします

    メスの体から抜け落ちたダウンを敷き詰めてで巣を作ります。4~5個の卵を産み落とし25~26日後に孵化するまで苛酷な環境の中で卵を温め続けます。独自の進化を遂げたアイダーダックの羽毛は厳しい寒さから身を守ったり効率よく卵を温められるように極めて高い保温性があるのです。
  • アイダーの巣

    アイダーも人の母親と同じ、片時も卵から離れません

    卵が孵化するまでの約1ヶ月間、母親は水を飲みに行くとき意外の99%の時間卵を温め続けます。親の子に対する愛情は人と同じです。
  • アイダーダックの親子

    旅立ち

    アイダーダックは全ての卵が同時に孵化します。さぁ新たな旅立ちです。
  • アイダー羽毛採取方法

    巣立った後に人の手で採取します

    雛が巣立った後に人の手で巣から羽毛を採取して回ります。ダウンの収穫は5月下旬から6月中旬に行われ、1つの巣から取れるダウンはおよそ20グラムほど。アイダーダック自身が厳しい法律によって保護されているため年間3000kg以上のダウンの確保は困難で希少価値の高いものとなっています。
  • アイダー羽毛採取方法

    アイダーダックダウンの素原料

    素原料からホコリ・わら等を丁寧に取り除きます。ホコリを取り除いたり乾燥させたり様々な工程をクリアして日本へ輸出されます。
    私たちはアイスランドより直接輸入された証明書つきの原料のみを扱っております。

【アイダーダックダウンが暖かい理由】

  • アイダーダックのダウン拡大写真

    ダウンボールが立体的、空気の層で断熱。だから暖かい

    アイダーのダウンボールは羽枝の本数が多く、細く、ちぢれているのでので羽毛が立体的になります。立体的な羽毛はたっぷり空気を含むので断熱性が高くなります。アイダーが他のどの羽毛よりも快適な理由の一つは断熱性の高さです。
  • アイダーダウンとは独自の進化を遂げた羽毛です

    規格外!アイダーダックの優れたダウンボール

    アイダーダックは氷と火山の国アイスランドの厳しい寒さと過酷な自然を生き抜くために独自の進化を遂げた優れた羽毛を獲得しました。最高級マザーグースと比較しても1本1本の「羽枝が細く」「羽枝の本数が多く」「羽枝が縮れています」。これらの条件がより立体的なダウンボールを作ります。立体的なダウンボールは断熱性が高く圧倒的な暖かさを生み出します。
  • アイダーは絡まりあいます

    ダウンボールが絡まり離れない

    本物のアイダーはダウンボール同士が絡み合います。持ち上げても振っても離れません。絡み合うことで暖かい空気をため込むことができます。これが暖かな空気の層となり寒い夜でも体を冷やす心配がありません。まるで暖かな雲に体を包み込まれているような感覚です。
  • 人肌の暖かさのアイダーダウン

    アイダーの暖かさは人肌の温度です

    暖かな空気の層はアイダーダウンから放熱されているわけではありません。手のひらや肌を通じて私たちの体温がアイダーダウンの空気層に伝わり暖かくなります。人肌の温度にまで温まりそれ以上暖かくなることもなく冷めることもありません。最も心地よく感じる人肌の快適な暖かさが一晩中続きます。

【アイダーダウンのメンテナンス方法】

  • アイダーダックダウンお手入れ方法

    6つに畳んで空気を押し出します

    干すより効果的な空気抜き
    日常のメンテナンスで最も効果的なことは、掛ふとんの中の湿気を取り除くことです。画像のように6つ折りくらいに小さく畳みます。両手で押さえて中の空気を外に押し出します。湿度の低い部屋か、外で行うとより効果的です。
    干す場合
    風通しの良い場所で1~2時間程度干します。シルク生地を使ったアイダーの場合は日陰干し。綿生地の場合は日向干しも可。
  • アイダーダックダウン羽毛掛ふとんリフォーム

    アイダーダウンのリフォーム

    お手入れをしないアイダーは一生ものではありません。お手入れをすることで一生ものになります。
    10年に一度を目安にリフォーム(打ち直し)をします。
    アイダーダックダウンのリフォーム価格は
    シングルサイズで補充羽毛無しの場合5~15万円(側生地の品質による価格差)です。補充羽毛をする場合50g5万円となります。

アイダーダウンの本物は10枚に1枚、本物に出会うのが極めて困難

  • アイスランド産アイダーの証明書

    アイスランド直輸入の原料を使います

    アイスランドから直輸入されたアイダーダウン羽毛原料には必ず証明書が発行されます。5kgの原料に対して1枚の証明書が発行されます。
    アイスランドで1年間に取れるアイダーダックのダウンは3,000kg(雨の多い年は2,000kg)です。このうち良質とされるものは800kgです。園田寝装店ではこの800kgの良質な原料だけを取り扱っています。
  • アイダーダウン品質表示

    京都御所(迎賓館)に納品実績があります

    園田寝装店は世界のVIPが来日されたときに宿泊なさる京都御所迎賓館にアイダーダウン羽毛掛ふとんを納品した実績がある東陽産業株式会社に製造をお願いしています。原料の面でも製造の面でも大変信頼の置ける会社で、京都に程近い大阪の山間部に工場があります。このあたりは蛍の里と呼ばれ、とても綺麗な水が流れています。この水を利用して洗浄した羽毛はとても綺麗になり小さな塵やホコリが取れて非常にパワーがある羽毛原料になるのです。
アイスランド大使館招待状 全国に5,000ある寝具専門店のうち選ばれた30店舗に届いたアイスランド大使館からの招待状です。アイダーダウンの原料説明会 及び交流会に招待していただきました。アイスランド産アイダーダウンの素晴らしさを再度理解することができた貴重な経験です。これまで本物だけを扱ってきた当店の姿勢が評価されたと考えています。

アイダーダックダウン、各種サイズのオーダー承ります。(価格は税別)

  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    シングルサイズ

    150×210cm
    【肌掛】0.3kg:40万円
    【合掛】0.7kg:80万円
    【冬掛】1.2kg:130万円

    オーダー目安料金
    仕立て賃+側生地10万円
    アイダー50g5万円
  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    セミダブルサイズ

    170×210cm
    【肌掛】0.4kg:52.5万円
    【合掛】0.8kg:92.5万円
    【冬掛】1.3kg:142.5万円

    オーダー目安料金
    仕立て賃+側生地12.5万円
    アイダー50g5万円
  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    ダブルサイズ

    190×210cm
    【肌掛】0.4kg:54万円
    【合掛】0.9kg:104万円
    【冬掛】1.3kg:144万円

    オーダー目安料金
    仕立て賃+側生地14万円
    アイダー50g5万円
  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    クイーンサイズ

    210×210cm
    【肌掛】0.5kg:66.8万円
    【合掛】1.0kg:116.8万円
    【冬掛】1.5kg:166.8万円

    オーダー目安料金
    仕立て賃+側生地16.8万円
    アイダー50g5万円
  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    キングサイズ

    230×210cm
    【肌掛】0.5kg:69.6万円
    【合掛】1.1kg:129.6万円
    【冬掛】1.6kg:179.6万円

    オーダー目安料金
    仕立て賃+側生地19.6万円
    アイダー50g5万円
  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    ケアベッドサイズ

    130×180cm
    【肌掛】0.3kg:39万円
    【合掛】0.6kg:59万円
    【冬掛】1.0kg:99万円
    83×191cmのケアベッド用
  • アイダーダックダウン・シングルサイズ

    ケアベッドサイズ

    140×190cm
    【肌掛】0.3kg:39.5万円
    【合掛】0.6kg:59.5万円
    【冬掛】1.0kg:99.5万円
    91×191cmのケアベッド用

アイダーダックダウンのご相談

ホーム>>商品一覧>>掛ふとん>>グレード羽毛掛ふとん>>アイダーダックダウン